会社概要 >

 

慈善活動とコミュニティー

 

概要

 

 

臨床研究の結果、ドラムの力が緊張した体をリラックスさせ、疲れや精神的に傷ついた心を癒しエネルギーをもたらすと証明されました。

 

ドラムカフェは当初から対話型ドラミングの治癒力を利用し世界各地で慈善イベントの後援や慈善プロジェクトを支援してきました。これまで、ネルソン・マンデラ デーでの人権啓発の推進、聴覚障がい者や慢性疾患者のためのイベント開催、SOS Villages in India、Childlen's Wish Foundation、ヨーロッパとアメリカの子どもたちのための慈善団体への支援などを行ってきました。

 

2011年3月11日、東日本大震災で壊滅的な津波が日本を襲った後、ドラムカフェは被災者の心と体のリハビリのためニコニコスマイルプロジェクトを立ち上げ被災地に赴きました。世界中から派遣されたアーティストや臨床生理学者、NGO団体と連携し、学校、病院、避難所で対話型ドラミングセッションを開催しました。現在でも、ドラムカフェジャパンは被災地の仮設住宅や学校を訪れ続けています。そして、この被災地支援活動の継続のため、2013年3月にNPO法人ドラムカフェを設立しました。

 

リンキン・パークとの Save The Children でのドラミングセッションを見る

 

ドラムカフェのチャリティとコミュニティプロジェクトをもっと見る +

Drum Cafe Japan NPO パンフレット (5MB) >

 

 

 

ニコニコスマイル・プロジェクト 東日本大震災の復興支援

 

セーブザチルドレン、リンキンパークと共同で行われた東日本大震災復興支援にてドラムカフェの対話型ドラミングを実施   子供たちに笑顔と元気を与えるNPOドラムカフェの対話型ドラミングチャリティー   子供たちに協力と連帯を教え孤独感を取り払うドラムカフェの対話型ドラミング   子供たちに国際交流と異文化に触れる機会を与えグローバリゼーションを養うドラムカフェの対話型ドラミング

 

2011年3月11日、ドラムカフェジャパン代表の星山はドラムカフェアーティストの南アフリカ人2名と共に、彼女の故郷仙台で被災しました。

 

星山の実家が飲食店を営んでいたことから、震災直後から被災者へ食べ物を届けることを始めました。被災者と触れ合う中で、星山はドラム演奏が彼らに良い影響をもたらすことができると感じました。ドラミングが心的外傷後ストレス障害(PTSD)を治療するための強力なツールになることを直感したのです。

 

その後間もなく、ニコニコスマイル・プロジェクトが実現したのです。

 

このプロジェクトでは学校、病院、避難所などを訪問し、小さなグループに向けて対話型ドラミングセッションを開催しました。各方面よりこの活動に必要な支援を頂きながら、日本国内で助けを必要としている25000人以上の被災者とセッションを行いました。

 

ドラムカフェジャパンは、この活動を続けるために2013年3月にNPO法人ドラムカフェを立ち上げ、現在も被災地の方々が希望と生きる意欲を取り戻すことができるように支援活動を続けています。

 

 Drum Cafe Japan NPO